26日午後3時45分ごろ、大田原市南金丸の国道461号で、大型トラックが対向車線にはみ出し、ガードレールに衝突して横転した。運転していた男性が意識不明の重体。

 大田原署によると、男性は50代とみられる。現場は片側1車線の緩やかな下り坂。トラックは対向車線ののり面に乗り上げ、側道のガードレールにぶつかった。荷台に重機を積んでいた。同署で原因や男性の身元を調べている。