真っ赤に染まった参道のモミジ並木=26日午前10時45分、那須塩原市下永田2丁目

 那須塩原市下永田2丁目の「大山参道」のモミジ並木が色づき、真っ赤なアーチをつくっている。

Web写真館に別カットの写真

 並木は、明治時代の元勲大山巌(おおやまいわお)の墓所に続く参道の約200メートル。両脇にイロハモミジなど約90本が植えられ、同市の天然記念物にも指定されている。

 晴天となった26日は赤く染まった葉が陽光で鮮やかに輝いた。家族連れらが次々訪れ、頭上を見上げて歩いたり写真に収めたりなど思い思いに楽しんでいた。

 妻子と3人で訪れた同市一区町、自営業益子正俊(ましこまさとし)さん(40)は「毎年見に来ているが、とてもきれい。子どもも落ち葉のじゅうたんを歩けるのが楽しいようです」と笑顔を見せた。

 同市都市整備課によると、今週いっぱいは見頃が続くという。