自身の闘病経験などを語った山田さん(中央)=25日午後、宇都宮市文化会館

 下野新聞健康講座「体の中から健康に体の中から美しく」(下野新聞社主催・ヤクルト協賛)が25日、宇都宮市文化会館で開かれた。約800人が訪れ、タレント山田邦子(やまだくにこ)さんのがん体験などに耳を傾けた。

 スペシャルトークで登場した山田さんは、12年前の乳がん発覚からの闘病経験を語った。また「歌うこと、笑うことには免疫を高める効果がある」と述べ、気軽に歌える歌を紹介し、来場者らと合唱を楽しんだ。

 基調講演は、京都府立医科大分子標的予防医学特任教授で医学博士の石川秀樹(いしかわひでき)さんが担当した。演題は「専門医が語るがん予防~大腸がんで死なせない~」。日本がん予防学会理事長も務める石川さんは乳酸菌飲料の活用をはじめ、食生活の注意点や生活習慣の改善など、大腸がん予防のポイントを解説した。

 ヤクルト本社中央研究所主任研究員で工学博士の伊沢直樹(いざわなおき)さんは、乳酸菌が肌に与える効果などを説明した。