記者会見に臨む福田知事=25日午後、県庁

 福田富一(ふくだとみかず)知事は25日の定例記者会見で、サッカーJ2の栃木SCが24日にJ2残留を決めたことについて「J3に降格すれば、県民の応援も熱が入らなくなると思っていたので本当に良かった」と安堵(あんど)の表情を浮かべた。

 来季に向けては「今季の反省をしっかりして、ベスト10入りをしてほしい」と注文。2020年4月に供用開始となる県総合スポーツゾーンの新スタジアムに触れ「一日も早く2万5千席をサポーターで埋めて、勇姿を県民に見せてもらいたい」と期待した。

 一方、栃木SCがホーム試合を行う「県グリーンスタジアム」(グリスタ)の芝の張り替えについては「(来季の)開幕には間に合わせる」と述べた。

 グリスタを所管する県教委によると、芝の養生期間を約1カ月間に短縮することとしたため、張り替え工事の完了時期は3月上旬ごろになる見通しという。J2の開幕は例年2月下旬のため、日程次第ではホーム開幕戦に間に合うと見込んでいる。