定例記者会見に臨む福田知事=25日午後、県庁記者会見室

 福田富一(ふくだとみかず)知事は25日の定例記者会見で、奥日光の華厳の滝で今月初実施したライトアップの観覧者数が8日間で延べ7514人だったと明らかにした。福田知事は「奥日光の冬季閑散期の誘客策として大きな成果」と評価した。

 ライトアップは観光業者らでつくる奥日光冬季活性化推進協議会が主催し、16~23日の午後5~7時に実施した。

 高さ97メートルの滝を白色の発光ダイオード(LED)投光器6基で照らし、幻想的な雰囲気を演出。期間中はロープウエーの夜間運行やガイドツアーなど多数の関連イベントを催した。同協議会は観覧者数約2700人を想定していたが、大きく上回った。