行方不明となっていた大阪市の小学6年女児(12)が小山市内で保護された事件を受け、小山市教委は25日までに、児童生徒の安全確保に向け学校内外の指導を再徹底するよう市内の公立小中学校、義務教育学校計36校に通知した。

 通知は、女児が保護された翌日の24日付。児童生徒が会員制交流サイト(SNS)などインターネットを通じ犯罪被害に巻き込まれないようにするための指導などの徹底のほか、保護者にも協力を呼び掛けるよう求めた。

 事件を巡っては、女児はSNSを通じて同市、自称派遣社員の男(35)=未成年者誘拐容疑で逮捕=と知り合ったとされる。