この日の容疑者宅の家宅捜索を終え、撤収する捜査員ら=24日午後7時11分、小山市

 大阪市の小学6年女児(12)を誘拐したとして未成年者誘拐容疑で小山市、自称派遣社員の男(35)が逮捕され一夜明けた24日、中学時代や10年ほど前の容疑者を知る関係者からは「模範生だった」「真面目で正義感が強かった。なぜこんなことになったのか」などの声が上がった。一方で最近の容疑者を知る人は少なく、近隣住民の多くは「言葉を交わしたことがない」などと話した。

 容疑者は10年ほど前、県内の自動車教習所でアルバイトしていた。教習所によると、コース管理の担当などとして1年近く働いていたことがあった。礼儀正しく勤務態度は真面目だったため、正社員の話を持ち掛けたが、断られたという。

 教習所経営者の男性(66)は「(容疑者は)よく本を読んでいて知識が豊富だった」と振り返る。国際情勢について語ることもあり、その際には「『世の中はおかしい』と話していた」といい、「正義感が強いと思ったのに。なぜこんなことになったのか」と声を落とした。