中高校生たちが意見を述べたうつのみや人づくりフォーラム

中高校生たちが意見を述べたうつのみや人づくりフォーラム

中高校生たちが意見を述べたうつのみや人づくりフォーラム 中高校生たちが意見を述べたうつのみや人づくりフォーラム

 【宇都宮】地域ぐるみで子どもの育成を目指す第12回うつのみや人づくりフォーラムが24日、市南図書館で開かれ、市民が人工知能(AI)の導入が進む社会に必要な教育や「情報編集力」について理解を深めた。

 全体テーマは「AIと共存する次代を生き抜く人間力について考えよう」。リクルート出身で民間出身の校長として学校改革に取り組んだ教育改革実践家、藤原和博(ふじはらかずひろ)さんが講演した。情報処理でAIが勝る時代に必要な能力として、思考力や判断力などを含む「情報編集力」を挙げ、子どもにとって想定外のことが起きる「遊び」が「情報編集力」を養うと説いた。