J2残留を決めて歓喜する栃木SCの選手たち=24日午後3時59分、千葉市のフクダ電子アリーナ

 明治安田J2最終第42節は24日、各地で11試合が行われ、J3降格圏21位の栃木SCは千葉市のフクダ電子アリーナで千葉と対戦し、1-0で勝った。通算成績は8勝16分け18敗の勝ち点40。この日敗れた20位鹿児島と勝ち点で並んだ上に得失点差で上回り、土壇場でJ2残留を決めた。

 前半開始から千葉にボールを支配されながらも粘り強い守備で対抗した栃木SCは後半26分、右からの低いクロスをDF田代雅也が頭で押し込んで先制。その後は再三のピンチを招いたが、体を張ってリードを守り切った。前節を終わって勝ち点3差で追っていた19位町田は2-1で山形に勝ったが、鹿児島は1-2で福岡に敗れた。得失点差は栃木SCがマイナス20、鹿児島はマイナス32だった。

 栃木SCは2008年にJFL2位でJ2昇格を決めたが、15年に最下位(22位)となりJ3降格。2017年に2位でJ2最昇格を決めた。