県内最大規模の小学生サッカーの祭典「第48回県少年サッカー選手権大会」(県サッカー協会、下野新聞社、栃木放送主催)は23日に開幕し、延べ4日間にわたる熱戦の火ぶたが切られる。同日午前8時50分から、県総合運動公園サッカー場で予定していた開会式は、雨天が予想されるため行わない。

 大会には昨年より11チーム少ない169チームが出場。大会初日は午前11時から県内各地で1、2回戦の計105試合を行う。

 前回王者のFC VALON(下都賀)は午後0時20分から、市貝町中央公民館グラウンドで小山三小FC(同)と1回戦で対戦する。決勝は12月14日午後1時から、さくらスタジアムで行う予定。