サッカーくじを買い求める人=2009年

 スポーツ振興くじ(サッカーくじ)を運営する日本スポーツ振興センター(JSC)が、コンピューターが無作為に予想した結果を購入する「ビッグ」で、最高当せん金額を7億2円、キャリーオーバー時は12億円とする新商品を発売する方針であることが22日、分かった。J1、J2などの計12試合で両チームの合計ゴール数を4択とし、くじの対象にする見通し。年度内にも発売される。

 サッカーくじの売り上げは、2013年度以降は1千億円超が続いたが、18年度は約948億円に落ち込んでおり、新商品投入でてこ入れを狙う。今月25日のスポーツ庁のスポーツ審議会に諮る。