市から感謝状を贈られた横山さん

渡辺市長から感謝状を受け取る横山さん(右)

市から感謝状を贈られた横山さん 渡辺市長から感謝状を受け取る横山さん(右)

 【那須塩原】那須地区の学童球児に、憧れの東京ドームでのプレーを30年間にわたってプレゼントし続けている男性がいる。新朝日、寝具インテリア販売「横山リビング」の横山和市郎(よこやまわいちろう)社長(65)。東京ドームへの切符をかけた大会も開催し、親子2代での出場も増えてきたという。横山さんは「頑張れば夢はかなうということを感じてほしかった」と話す。20日には、渡辺美知太郎(わたなべみちたろう)市長から感謝状が贈られた。

 横山さんが社長を務める横山リビングは、寝具メーカー「西川」のチェーン店。チェーンは30年前から、8月に東京ドームで学童野球の交流戦を行っており、横山さんは那須塩原、大田原、那須の2市1町のチームを招待してきた。