市内産「とちぎの星」を寄贈した仁見一雄常務理事(右)

 【小山】市内の子どもたちに地元産のコメの味を知ってもらおうとJAおやまは21日、本県オリジナルの品種「とちぎの星」1360キロを、市内の小中学校に寄贈した。同日市役所で寄贈式が行われ、JAおやまの仁見一雄(ひとみかずお)常務理事が大久保寿夫(おおくぼとしお)市長に目録を手渡した。12月9~13日の学校給食で振る舞われる予定。