簿記能力検定試験上級に合格した飯島さん(右)と長谷部さん

 【宇都宮】難関検定「簿記能力検定試験上級」に、宇都宮商業高情報処理科3年の飯島立紳(いいじまりゅうしん)さん(17)と同2年長谷部怜(はせべれい)さん(16)、卒業生の高倉佑輔(たかくらゆうすけ)さん(試験時は商業科3年)が合格した。同校からの3人同時合格は10年ぶりの快挙だ。

  同検定は、合格すると税理士試験受験資格が得られる、難関検定の一つ。今回の合格率は15・16%で、県内の高校からの合格者は3人のみ。2月に行われ、4月に合格発表があった。