記者発表会で用意された下野市産トマトを添えた牛フィレ肉のソテーと地酒=20日午後、東京都内

欧州・ホノルル路線で提供されるとちおとめのアイスを使ったデザート

記者発表会で用意された下野市産トマトを添えた牛フィレ肉のソテーと地酒=20日午後、東京都内 欧州・ホノルル路線で提供されるとちおとめのアイスを使ったデザート

 ANAグループは20日、東京都内で記者発表会を開き、12月~2020年5月の半年間、本県をはじめとする関東地方1都7県の特産品を使った食事などを機内や空港ラウンジで提供すると発表した。

 地域の資源や魅力を国内外に発信し、誘客や地域活性化につなげることなどが目的。17年12月から地域単位で展開している。

 本県関係では、県産イチゴ「とちおとめ」のアイスを使ったデザートや、下野市産のミニトマトを添えた牛フィレ肉のソテーなどが2月まで国際線で提供されるほか、1月にはANAオリジナルのとちおとめのパフェが羽田空港国際線ラウンジで用意される。