【ワシントン共同】米連邦準備制度理事会(FRB)は20日、3会合連続で政策金利引き下げを決めた10月29~30日の連邦公開市場委員会(FOMC)の議事録を公表した。大半の会合参加者は「今回の利下げ後の政策スタンスが緩やかな成長を支援するだろう」と指摘し、景気が急速に悪化しない限り、当面は政策金利を維持すべきだとの考えを示した。

 FRBはこのFOMCで政策金利を0・25%下げ、1・5~1・75%とすることを決めた。製造業やエネルギー産業、農業が低迷しているためだ。市場では、FRBが景気を見極めるため12月のFOMCで政策金利を据え置くとの見方が強い。