ミズノ社の東京五輪シーズン用水着の発表会でポーズを取る(左から)青木玲緒樹、渡辺一平、大橋悠依=20日、東京都内

 競泳男子平泳ぎの渡辺一平(トヨタ自動車)や女子個人メドレーの大橋悠依(イトマン東進)らが20日、東京都内でミズノ社が開発した2020年の東京五輪シーズン用水着の発表会に出席した。渡辺は「この水着で、力を入れずにフラットな姿勢を保てる。五輪の目標は世界記録更新で金メダル。目標を達成できるように頑張りたい」と意気込んだ。

 今回の水着は従来品に比べ、水中重量が約20%軽量化されているという。大橋は「(新水着は)腰が下から持ち上げられ、浮いている感覚がある。五輪でしっかりとメダルを取れるように頑張りたい」と力を込めた。