VVDN Technologiesがカナダのオンタリオ州経済開発・雇用創出・貿易相と面会し成長計画について意見交換

AsiaNet 81742 (2321)


【グルグラム(インド)2019年11月19日PR Newswire=共同通信JBN】インドに本拠を置く製品エンジニアリング企業、VVDN Technologies(https://www.vvdntech.com/ )はこのほど、カナダのグローバル開発センターを拡張した。これに合わせ、ブペンダー・サハラン最高経営責任者(CEO)率いるVVDNの一行が、カナダのオンタリオ州政府の経済開発・雇用創出・貿易相であるビクター・フェデリ閣下と同社の地域オフィスで会談した。カナダの来賓には、VVDNについての簡単なプレゼンテーションと共にオフィスのツアーが行われ、製品施設、SMTライン、機械工場のガイド付きツアーなど、実績のあるエンジニアリングの強みや能力が紹介された。

VVDNは、オンタリオ州の施設で現地の優秀な大学と学術協力を開始することで、地域内での地元雇用の創出に重要な役割を果たす計画である。この地域拠点は、製品エンジニアリング、ネットワーキングにおけるクラウドおよび製造サービス、IoT、カメラ、自動車、5G、データセンタースペースを探している地元企業のニーズに応えることを目指す、VVDNのカナダにおける戦略的拡大を示すものである。VVDNは今後数年間で、地元の人材のために何百もの雇用の創出を目指している。これには、相応の学位保有者、工学部卒業生、博士号保有者の雇用が含まれる。開発センターは、地元の人材に最新の技術とトレンドについての研修をしつつ、事業の拡大支援で積極的役割を果たしていく。

VVDN TechnologiesのCEO、ブペンダー・サハラン氏は「カナダは、多くの技術革新が起きている優れた北米市場の1つだ。当社はカナダでの成長アジェンダにコミットしており、国内に広がるクラアントとの関係は進化、繁栄し続けるだろう」と語った。さらに、「当社の実績ある製品エンジニアリング機能により、われわれは製造業に技術革新をもたらすだけでなく、域内での地元雇用の創出も目指している」と付言した。

フェデリ大臣は「役所仕事を効率化し、事業コストを削減するとのオンタリオ州政府のコミットメントは、州市場で外国人投資家の信頼を取り戻しつつある。実際、オンタリオ州は最近、外国直接投資による雇用創出で北米1位の区域にランクされた。われわれはVVDNの事業拡大を歓迎しており、オンタリオ州を共に建設する計画の一環として、今後も海外投資と貿易の増加を促していく。オンタリオ州の労働者と家族にとって、こうした投資は良い仕事が増えるということだ」と語った。

VVDNはこれを手始めに、カナダ企業のエンジニアリング、クラウド、製造サービスのニーズに応えつつ、同地域での足場を強化し、北米全域での戦略的関係の構築を目指している。同社には、コンセプトからコミッションまでのエンドツーエンドのサービス提供で10年以上におよぶ数多くの経験があり、大手OEMを支援できることも期待している。

VVDNの詳細については、www.vvdntech.com を参照。

▽問い合わせ先
Anushree Mittal
+91-9619903712
anushree.mittal@vvdntech.in

Photo: https://mma.prnewswire.com/media/1031626/VVDN_Technologies_Canada_Office.jpg
(写真説明:VVDN Technologiesがカナダのオンタリオ州経済開発・雇用創出・貿易相と面会し成長計画について意見交換)

Logo: https://mma.prnewswire.com/media/811458/VVDN_Technologies_Logo.jpg

ソース:VVDN Technologies Inc.