県産米を試食する佐藤さん(左)=19日午後、東京都内

県産米をPRする佐藤さん(左)と「ハンバーグ師匠」こと井戸田さん=19日午後、東京都内

県産米を試食する佐藤さん(左)=19日午後、東京都内 県産米をPRする佐藤さん(左)と「ハンバーグ師匠」こと井戸田さん=19日午後、東京都内

 「大嘗祭(だいじょうさい)開催記念 とちぎのおいしいお米お披露目イベント」(JA全農とちぎ主催)が19日、東京都内のホテルで開かれ、宇都宮市出身で栃木米の特別広報担当を務めるタレント佐藤美希(さとうみき)さんらが大嘗祭の献上米に選ばれた「とちぎの星」などをPRした。

 全農とちぎ運営委員会の高橋武(たかはしたけし)会長は「大嘗祭を機に、とちぎの星の生産拡大、販路開拓、認知度向上を図っていきたい」とあいさつした。ビデオメッセージを寄せた福田富一(ふくだとみかず)知事も「これまで以上に多くの皆さまに折り紙付きの栃木のコメをご賞味いただき、今後、県内および首都圏でのさらなる消費拡大を期待している」と述べた。

 その後、佐藤さんと「ハンバーグ師匠」ことスピードワゴンの井戸田潤(いとだじゅん)さんが登壇し、佐藤さんお薦めの県産コシヒカリ「とちほのか」、県オリジナル品種「なすひかり」、同「とちぎの星」の3品種を食べ比べ。佐藤さんは、とちほのかは「すごく粘り気があるので、このまま食べられる」、なすひかりは「あっさり、さっぱりしている」、とちぎの星は「粒が立っていて、ふっくらしておいしい」などとコメントしながらPRしていた。