月1回の会議で昼食を楽しむメンバー

 【宇都宮】市在住や出身の会社員や主婦、学生らがこのほど、市内飲食店のランチを紹介するウェブサイト「うつらん」を開設した。地元ならではのグルメを盛り上げようと20~30代の8人がリポーターとなって、それぞれの目線で地元飲食店の魅力を発信している。現在、地元リポーターを募集しており、編集長の小野川勝太(おのがわしょうた)さん(36)は「地元の人が昼食を楽しみながら、つながれるメディアとして広めたい」と意気込んでいる。

 サイトは5月、不動前3丁目でウェブ制作会社を経営する小野川さんが、仲間を会員制交流サイト(SNS)で募るなどし5人で始めた。それぞれが日常で利用した飲食店のメニューや営業時間、位置情報を、コメントも添えて掲載している。