恵比寿講で参道に並んだ縁起物の露店

 【足利】西宮町の西宮神社で19日、恵比寿(えびす)講が始まり、開運や商売繁盛などを願う参拝客でにぎわった。この日は終日行われ、20日は午後3時ごろまで。

 約600メートルの参道は熊手やお宝飾りなどの縁起物を扱う露店が連なる「おたから市」が立ち、売り子の客を呼ぶ声や威勢よい手締めが響いた。境内ではえびす、ひょっとこなどが舞う市無形文化財の南大町宮比講(みやびこう)神楽が奉納された。