ホテルで開かれたザリガニスープの試食会

ザリガニスープ

ホテルで開かれたザリガニスープの試食会 ザリガニスープ

 【日光】大正天皇即位の礼の祝宴に出されたザリガニスープの再現に取り組む有志による試食会が18日夜、上鉢石町の日光金谷ホテルで開かれた。大嶋一生(おおしまかずお)市長、飲食業者ら25人が招かれ、100年前の料理を堪能した。来年2月には、中禅寺金谷ホテルの夕食のメニューに加わり予約制で提供される予定だ。

 旧田母沢御用邸(現・日光田母沢御用邸記念公園)など大正天皇にゆかりのある日光で新たな観光資源に育てようと、那須文化研究会の堀彰一郎(ほりしょういちろう)さん(50)と金谷ホテルが企画。この日は、堀さんが日光とザリガニ料理にまつわる歴史を解説した後、中禅寺金谷ホテルの増子陽(ましこあきら)(47)料理長がつくったポタージュを試食した。