紫色にライトアップされた県庁昭和館=18日午後5時15分、宇都宮市塙田1丁目

 11月12~25日の「女性に対する暴力をなくす運動」期間に合わせ、県は18日、女性への暴力根絶のシンボル「パープルリボン」にちなみ、県庁昭和館を紫色に照らす「パープル・ライトアップ」を始めた。

Web写真館に別カットの写真

 県人権・青少年男女参画課によると、県内の配偶者暴力相談支援センターへの相談件数は2015年度以降、2千件前後で推移。18年度は1892件だった。

 一方、暴力を受けた女性が「自分が悪い」と思い込むなどし、相談しないケースもあるという。同課の担当者は「女性に対する暴力の根絶に向け、女性の人権について一緒に考えましょう」と呼び掛けている。

 ライトアップは25日まで。午後5~9時。同支援センター(028・665・8720)は午前9時~午後8時(土日は4時)、電話相談を受け付けている。