経営統合で合意し、記者会見で握手するヤフーの親会社ZHDの川辺健太郎社長(左)とLINEの出沢剛社長=18日午後、東京都港区

 ヤフーの親会社Zホールディングス(HD)とLINE(ライン)は18日、経営統合で合意した。両社が持つ国内の利用者は1億人を超える。インターネット通販や会員制交流サイト(SNS)、金融などのサービスを横断的に提供することが狙い。アジアを起点に海外進出し、米グーグルなど「プラットフォーマー」と呼ばれる世界の巨大IT企業に対抗する。

 統合を決めた背景には、米国勢に加え、アリババグループや騰訊控股(テンセント)といった中国のIT企業の存在がある。東京都内で記者会見したZHDの川辺健太郎社長は、LINEとの経営統合で、米中に次ぐ「第三極をつくる」と述べた。