香港理工大周辺で他のデモ参加者が投げた火炎瓶の火に巻き込まれるデモ隊=18日夜、香港(共同)

 「覆面禁止法」の施行などに抗議し、マスク姿でデモに参加する人たち=10月、香港(共同)

 香港理工大周辺で他のデモ参加者が投げた火炎瓶の火に巻き込まれるデモ隊=18日夜、香港(共同)  「覆面禁止法」の施行などに抗議し、マスク姿でデモに参加する人たち=10月、香港(共同)

 【香港共同】デモ隊の制圧に向け警官隊が突入した香港理工大では18日夜、占拠していた学生の一部が籠城を続けた。香港メディアが伝えた。警察は即時投降を求めたが、「拠点死守」を主張する学生も。学生らを救おうとの呼び掛けが広がり、数千人規模のデモ隊が集結して大学周辺の警官隊と衝突。情勢はさらに緊迫している。

 デモに絡み、同大周辺で20代の日本人男性1人が17日に逮捕されたことが分かった。日本政府筋が18日、明らかにした。詳しい容疑内容は不明。

 香港の高等法院(高裁)は18日、政府が制定した「覆面禁止法」について、香港基本法に違反しているとの判断を示した。