6回表1死二、三塁、ホンダの捕手・田井(左)が二ゴロからの送球を懸命に捕球するも野選となり、先制を許す=横浜スタジアム

1回、遊直併殺でピンチを切り抜け、ハイタッチするホンダの遊撃手・長谷川(右)と先発フォード=横浜スタジアム

6回表1死二、三塁、ホンダの捕手・田井(左)が二ゴロからの送球を懸命に捕球するも野選となり、先制を許す=横浜スタジアム 1回、遊直併殺でピンチを切り抜け、ハイタッチするホンダの遊撃手・長谷川(右)と先発フォード=横浜スタジアム

 女子ソフトボール日本リーグ1部の決勝トーナメント最終日は17日、横浜スタジアムで準決勝と決勝を行い、本県のホンダ(リーグ2位)は決勝でビックカメラ高崎(同1位)に0-1で惜しくも敗れた。ホンダは初優勝を逃したものの過去最高の準優勝に輝いた。

 決勝はホンダのジェイリン・フォード、ビックカメラ高崎の上野由岐子(うえのゆきこ)のリーグを代表する好投手の投げ合い。ホンダは0-0の六回、フォードの失策と安打などで1死二、三塁のピンチを招き、二ゴロの本塁送球が野選となって決勝点を奪われた。

 打線はビックカメラを上回る4安打を放ち、再三塁上をにぎわせたがあと一本が出なかった。五回は巽麗菜(たつみれな)、長谷川優理(はせがわゆうり)の安打で1死一、二塁と先制のチャンスをつくったが後続が打ち取られた。

 ビックカメラ高崎は前身時代も含めて2年ぶり12度目の優勝。前年覇者のトヨタ自動車(同4位)は3位だった。