高校・一般男子の部決勝 前半37秒、栃の葉クラブの堀尾(中央)が先制シュートを決める=日立体育館

 ハンドボールの第69回県総合選手権大会最終日は17日、栃木市の日立体育館で行われ、高校・一般の部男子は栃の葉クラブが2年連続29度目の優勝、同女子はオレンジクラブが2年ぶりの頂点に輝いた。

 男子決勝で栃の葉クラブはHC栃木を32-19で下した。朝比奈健太(あさひなけんた)、堀尾健太郎(ほりおけんたろう)の両サイドの攻撃で主導権を握り、前半を7点リードで折り返した。後半も猿山春仁(さやまはると)のシュートなとで突き放した。

 オレンジクラブは女子決勝で栃商高Aに26-20で勝利した。大差こそつかなかったが終始リードし、後半も小舘美紀(こだてみき)らのシュートで加点して逃げ切った。GK本田利緒(ほんだりお)の好セーブも光った。