白鵬(右)が寄り切りで玉鷲を下す=福岡国際センター

 大相撲九州場所8日目(17日・福岡国際センター)一人横綱の白鵬は平幕玉鷲を難なく寄り切り、7勝1敗で単独トップを守った。

 かど番大関の高安は休場して不戦敗となり、3勝5敗となった。大関貴景勝は明生を力強く押し出して5勝目を挙げた。関脇御嶽海は碧山を寄り切り、2連勝で星を五分に戻した。朝乃山は同じ小結の阿炎を危なげなく押し出して6勝目。

 白鵬を2敗で朝乃山と平幕の輝が追う。十両は勢と木崎海が1敗で首位。