アメリカンフットボール関東大学リーグの横浜国立大戦に出場した日本大の宮川泰介選手(左)=17日、東京都調布市

 アメリカンフットボールの悪質反則問題で不起訴となった日本大の宮川泰介選手(21)が17日、東京都調布市で行われた関東大学リーグの横浜国立大戦に出場した。問題が起こった昨年5月の関西学院大戦以来の実戦に臨み「未熟な自分を、もう一度フィールドに戻していただけたことに感謝しかない」と語った。

 守備の最前線を担う宮川選手は先発して最後まで出場し、41―3の大勝に貢献。危険なタックルで負傷させた関学大の選手や関係者に対し、改めて謝罪の言葉を述べた上で「自分がしてしまったことがなくなることはない。手放しにうれしいということは言えない」と神妙に口にした。