ロン・ティボー・クレスパン国際音楽コンクールで決勝の協奏曲の演奏を終えたピアニストの三浦謙司さん(手前)=15日、パリ(共同)

 ロン・ティボー・クレスパン国際音楽コンクールの授賞式で、優勝の賞状と花束を受け取ったピアニストの三浦謙司さん(手前)=16日、パリ(共同)

 ロン・ティボー・クレスパン国際音楽コンクールで決勝の協奏曲の演奏を終えたピアニストの三浦謙司さん(手前)=15日、パリ(共同)  ロン・ティボー・クレスパン国際音楽コンクールの授賞式で、優勝の賞状と花束を受け取ったピアニストの三浦謙司さん(手前)=16日、パリ(共同)

 【パリ共同】若手演奏家の登竜門として70年以上の歴史を誇るロン・ティボー・クレスパン国際音楽コンクール(ピアノ部門)の決勝が16日までパリで行われ、神戸市出身の三浦謙司さん(26)が優勝、愛知県東海市出身の務川慧悟さん(26)が2位となった。日本人のピアノ部門優勝は6人目で2007年以来。1、2位独占は初めて。

 6人で争われた決勝でショパンのピアノ協奏曲第2番を演奏した三浦さんは最優秀協奏曲賞なども受賞した。

 三浦さんはベルリンのハンス・アイスラー音楽大学に在学中。務川さんは14年からパリ国立高等音楽院で学んでいる。

 同コンクールは1943年に始まった。