県高校野球連盟の第10回1年生大会最終日は10日、清原球場で準決勝と決勝を行い、決勝では文星付が3-1で作新を下し、3年ぶり4度目の頂点に立った。

 準決勝では作新が初回から3点を先制して11-2で栃工に大勝。文星付は真工に7-6で逆転サヨナラ勝ちした。決勝では文星付が四回に3点を先制し、裏の守りで1点を返されるもリードを守り切った。