女性農業者が運営する市氏家地区農産物直売所「菜っ葉館」

 【さくら】売り上げが減少している蒲須坂の市氏家地区農産物直売所「菜っ葉館」の運営を継続するため、市は13日までに運営形態を変えられるよう条例を改正する方針を固めた。同地区の女性農業者らでつくる農産物直売組合がこれまで占有利用し運営してきたが、市の直営や指定管理者制度の活用を加える。12月議会に提出し、可決されれば来年1月から適用になる。

 市は、同組合の希望を踏まえ女性農業者の立場に立った直売所としての継続を考えており、今後さまざまな方法を模索しながら経営改善を図る考えだ。

 同直売所は2006年度の農林水産省のアグリチャレンジャー事業の女性起業枠を活用した全国初のケースで、07年4月オープンした。同組合が地場産の野菜やイチゴ、みそなどを販売している。