メキシコ戦の2回、バルガスを空振り三振に仕留めた今永=東京ドーム

 野球の東京五輪予選を兼ねる国際大会「プレミア12」は13日、東京ドームで2次ラウンドの2試合が行われ、日本(1次ラウンドB組1位)はメキシコ(A組1位)と対戦し、五回を終え3―1とリードした。

 日本は一回に鈴木(広島)と近藤(日本ハム)の適時打で2点を先制し、二回に坂本勇(巨人)の適時打で1点を加えた。先発の今永(DeNA)は四回に本塁打で1点を失った。

 オーストラリア(C組2位)が米国(A組2位)に2―1で勝った。2次ラウンドでは1次ラウンドで同組だった相手とは対戦せず、1次ラウンドでの対戦結果を反映させるため、米国とオーストラリアは1勝3敗で並んだ。