白鵬(手前)が上手投げで隠岐の海を下す=福岡国際センター

 大相撲九州場所4日目(13日・福岡国際センター)横綱白鵬は平幕隠岐の海を上手投げで退けて3勝目を挙げた。成績次第で大関昇進の可能性がある関脇御嶽海は平幕大栄翔に寄り切られ、早くも2敗目を喫した。

 大関陣は貴景勝が小結遠藤をはたき込んで3勝1敗としたが、かど番の高安は小結北勝富士に押し出されて2敗目。関脇栃ノ心は宝富士を首ひねりで下し、星を五分に戻した。新小結朝乃山は3勝目。4戦全勝は平幕の正代、新入幕の若隆景の2人となった。