公聴会で宣誓するテーラー駐ウクライナ代理大使(右)とケント国務副次官補=13日、米ワシントン(ロイター=共同)

 【ワシントン共同】トランプ米大統領のウクライナ疑惑で、米下院情報特別委員会は13日、弾劾調査で初の公聴会を開催した。テーラー駐ウクライナ代理大使は、トランプ大統領が来年の大統領選で戦う可能性のある政敵バイデン前副大統領絡みの捜査実施が、米ウクライナ首脳会談と軍事支援の条件になっていると理解したと証言した。

 これまで非公開だった政府高官らの証言が公開の場に移り、弾劾調査は新たな局面に入った。民主党は疑惑証言の全米テレビ中継を通じ、年内の弾劾訴追に向けた世論喚起を狙う。