バドミントン男子シングルス決勝 第1ゲームで北川(宇北)がフォアでリターンする=清原体育館

 県高校新人スポーツは12日、清原体育館ほかでバドミントンの男女のシングルスなどを行い、男子は北川史翔(きたがわふみと)(宇北)が2連覇を飾り、ダブルス、団体も含めて大会3冠を達成した。

 北川は初戦の2回戦から1ゲームも落とさず、決勝でも中條晃綺(ちゅうじょうこうき)(宇南)を2-0で破った。女子決勝では桜井理湖(さくらいりこ)(作新)が同門対決を制した。

 卓球は男女団体を行い、男子は作新、女子は文星女が栄冠。自転車は男子の石田悠真(いしだゆうま)(作新)、元木汐音(もときしおん)(同)、北村佳重(きたむらよしのぶ)(真工)の3人がそれぞれ2冠に輝いた。