外務省の仕事を紹介する山田さん

 【矢板】外務省は7日、矢板東高で外交や国際問題、同省の仕事への理解を促し、進路選択の参考にしてもらうことを目的に「高校講座」を開いた。1、2年生約320人が、真剣なまなざしで講師の話に耳を傾けた。

 在スペイン日本国大使館や中米カリブ課などを経て、現在は国際経済紛争処理室で活躍する山田和花奈(やまだわかな)さん(38)が講師を務めた。山田さんは就職先に同省を選んだきっかけや、国内と海外それぞれでの仕事内容などを紹介。国際舞台で活躍するためには、批判的思考とバランス感覚、語学力、コミュニケーション能力などが欠かせないと強調した。