【足利】五十部(よべ)町の競馬場跡地の大規模オープンセット「渋谷スクランブル交差点」で11~12月、撮影3作目となる邦画「サイレント・トーキョー And so this is Xmas」の撮影が行われる。制作会社は渋谷を訪れた人たち、機動隊などのエキストラを募集している。

 同作は作家秦建日子(はたたけひこ)氏の同名小説が原作で波多野貴文(はたのたかふみ)監督、2020年冬公開予定。佐藤浩市(さとうこういち)、石田(いしだ)ゆり子(こ)、西島秀俊(にしじまひでとし)らが出演する。オープンセットでは作品のメインシーンとなるクリスマスイブの渋谷を再現した撮影が行われる。