ゴルフの第9回県ミッドアマチュア選手権大会(県ゴルフ連盟、県ゴルフ連盟錬成会主催、下野新聞社など後援)は24日、足利市の東松苑GC(5746ヤード、パー72)で女子の部が行われ、鈴木郁子(すずきいくこ)(高根沢)が3オーバー75で優勝を飾った。

 県内外から62人が出場。曇り、微風の好コンディションの中、熱戦を展開した。速いグリーンに苦しむ選手が多い中、鈴木は1メートル半前後の微妙なパーパットを確実に沈めた。前半インは1オーバー37でターンし、後半も2オーバー38。バーディーこそなかったものの3ボギー75にまとめた。1打差の2位には後半インで1アンダー35と猛追した角田里子(かくたさとこ)(宇都宮)、3位には5オーバー77の竹内由美子(たけうちゆみこ)(埼玉)が食い込んだ。