男子200メートル個人メドレーで優勝し、表彰式で笑顔を見せる萩野公介=富士水泳場

男子200メートル個人メドレーで優勝し、表彰式で笑顔を見せる萩野公介(中央)=富士水泳場

男子200メートル個人メドレーで優勝した萩野公介の平泳ぎ=富士水泳場

男子200メートル個人メドレーで優勝した萩野公介(奥)のバタフライ=富士水泳場

男子200メートル個人メドレーで優勝した萩野公介(奥)のバタフライ=富士水泳場

男子200メートル個人メドレーで優勝し、表彰式で笑顔を見せる萩野公介=富士水泳場 男子200メートル個人メドレーで優勝し、表彰式で笑顔を見せる萩野公介(中央)=富士水泳場 男子200メートル個人メドレーで優勝した萩野公介の平泳ぎ=富士水泳場 男子200メートル個人メドレーで優勝した萩野公介(奥)のバタフライ=富士水泳場 男子200メートル個人メドレーで優勝した萩野公介(奥)のバタフライ=富士水泳場

 競泳の日本社会人選手権最終日は10日、静岡県富士水泳場で行われ、男子200メートル個人メドレーは萩野公介(はぎの・こうすけ)(ブリヂストン)が1分59秒23で優勝した。萩野は午前の予選で1分58秒73をマークし、日本代表合宿参加などの条件となる1分59秒23を突破した。

 このほか県勢は、女子200メートル個人メドレーで大田原市出身の清水咲子(しみずさきこ)(ミキハウス)が2分13秒81で優勝。男子100メートルバタフライは真岡市出身の水沼尚輝(みずぬまなおき)(新潟医療福祉大職)が52秒30で制した。

 男子200メートル平泳ぎは渡辺一平(わたなべ・いっぺい)(トヨタ自動車)が2分9秒66、男子400メートル自由形は松元克央(まつもと・かつひろ)(セントラルスポーツ)が3分51秒18でそれぞれ勝った。男子100メートル自由形は中村克(なかむら・かつみ)(イトマン東進)が48秒85で制し、松元が2位だった。