キューマスクを使った人工呼吸の体験を行う児童

キューマスクを使用した人工呼吸の説明を聞く児童

キューマスクを使った人工呼吸の体験を行う児童 キューマスクを使用した人工呼吸の説明を聞く児童

 【茂木】町のふるさと秋三大まつりの一環として9日、消防防災の体験ができる「消防フェア」が真岡消防署茂木分署で開かれた。

 はしご車のはしごを20メートル余りまで伸ばして搭乗する体験や地震体験、煙体験、放水体験などのほか、車両の展示も行われ、多くの家族連れなどでにぎわった。救急体験では、町内の取扱業者から「講習に使ってほしい」と提供された人工呼吸用の「キューマスク」を人形の口に当てて心肺蘇生法の体験を行った。