3種のみそを合わせた和風ビーフィチューはこれからの時期にぴったりだ

 久しぶりの夜のお誘い。ゆっくり会話を楽しみながら、おいしい料理が食べたい-。宇都宮市役所の近くに、お米にこだわったお店があると聞き足を運んだ。

Web写真館に別カットの写真

 米穀店で働いたことがある店主の榎本英治(えのもとえいじ)さん(49)は、「全国のおいしいお米を紹介したい」と語る。ディナーは9種類の定食と土鍋ご飯が味わえ、2人以上で来店すれば食べ比べできるのもうれしい。

 おなかをすかせ待っていると、炊きたてご飯が入った土鍋が運ばれてきた。この日のお米は、都内の有名料亭も愛用しているという新潟県岩船地域産コシヒカリ。ほかほかのご飯をほおばると、ほんのり甘みが広がり一気に表情が緩んだ。

 これからの時期にお勧めなのは和風ビーフシチュー膳(税込み2680円)。3種類のみそとだしを使って和風に仕上げ、ごはんにぴったりの一品。みそだれに漬け込んだ自家製ベーコンや、和風だしの効いたメンチカツは昼夜問わず人気だ。

 ご飯のお供も侮ってはいけない。辛子めんたいこのごま油あえ(単品、同280円)は、辛みと香ばしさが相まって箸がどんどん進む。食べきれないと思っていた1合分のごはんは、すっかり空っぽ。その分、心とおなかはいっぱいになった。

 メモ 宇都宮市中央2の9の6手塚ビル1階▽営業時間 午前11時半~午後2時(ランチ)、6時半~9時▽定休日 月曜(臨時休業あり)▽(問)028・610・2210