立冬を迎え、落ち葉が目立つ県中央公園=8日午後1時50分、宇都宮市睦町

立冬を迎え、色づく木々の中を散策する来園者=8日午後2時5分、宇都宮市睦町

色づいた木々と落ち葉が目立つ県中央公園で遊ぶ子どもたち=8日午前11時、宇都宮市睦町

立冬を迎え、落ち葉が目立つ県中央公園=8日午後1時50分、宇都宮市睦町 立冬を迎え、色づく木々の中を散策する来園者=8日午後2時5分、宇都宮市睦町 色づいた木々と落ち葉が目立つ県中央公園で遊ぶ子どもたち=8日午前11時、宇都宮市睦町

 8日は「立冬」。朝晩の冷え込みが強まる中、日中の県内は高気圧に覆われて穏やかな陽気となった。

 気象庁によると、県内は高気圧に覆われて晴天となり、宇都宮が17・3度、佐野は18・5度などと、各地で例年並みの最高気温となった。週末までは安定した天気が続くという。

 宇都宮市睦町の県中央公園では、紅葉が深まる木々の中を散歩する人たちでにぎわった。散策路や広場は落ち葉が目立ち、冬の気配が漂い始めた。