甚大な被害をもたらした台風19号に関する報道の中で、ハザードマップ(災害予測地図)があらためて注目を集めた。洪水などの被害が及ぶと予想される範囲を示した地図のことで、自治体が作成している。

 自分が暮らす地域の想定が気になり、宇都宮市が発行している鬼怒川と、姿川・田川の2種類のマップを入手した。市の防災マニュアルも熟読してみた。水害以外への備えも網羅されており、参考になった。

 土砂災害を想定したハザードマップは市ホームページで確認。通勤ルート途中に「警戒区域」が2カ所あり、正直驚いた。

 千曲川の堤防が決壊した長野県などでは、マップと国土地理院がまとめた実際の浸水地域がほぼ一致していたという。一方で、想定域外の浸水も多数報道されている。今後見直されるはずで、新たな情報に目と耳を凝らす必要がある。

 「想定外」が多発するからこそ、「これまでなかったから大丈夫」という前提は捨てて備えたい。自戒を込めて。