足立成和信金に設置された芭蕉木工像と並ぶ関係者

 【鹿沼】市産の木材で制作した松尾芭蕉(まつおばしょう)の木工像がこのほど、東京都足立区の足立成和信用金庫本店前に設置された。

 同信金が本店を置く東京・北千住は「おくの細道」出発の地とされることなどから、地域活性化などに貢献できればと芭蕉木工像の展示を検討。市と足立区が友好都市であることが縁で交流がある鹿沼相互信用金庫に相談し、同信金が鹿沼地区木材需要拡大協議会(樽見正衛(たるみまさえ)会長)を紹介した。