出生数から死亡数を引いた9月の本県人口の自然動態は592人減となり、120カ月連続でマイナスとなったことが6日までに、県が発表した10月1日現在の毎月人口推計で分かった。生まれた子より亡くなった人が多い状態が毎月、10年間続いたことになる。自然動態の減少幅は、年を追うごとに拡大傾向にある。

 同推計によると、9月の県内の出生数は1071人、死亡数は1663人だった。市町別では、矢板市(1人増)と上三川町(5人増)を除く23市町でマイナスとなった。

 県人口の年間を通じた自然動態は2006年、初めてマイナスに転じた。ただ同年以降、月によっては出生数が死亡数を上回ることがあった。しかし09年10月に90人減(出生1474人、死亡1564人)となってからは、月単位で一度もプラスになっていない。