県庁で開かれた県発達障害者支援地域協議会=5日午後、県庁

 県内で小児科、精神科、神経内科、心療内科、耳鼻咽喉科を掲げる医療機関のうち、60機関67診療科が発達障害の診断・診療を行っていることが5日、県保健福祉部の調査で分かった。診断・診療を実施していない機関のうち、「フォローアップや必要な配慮はできる」としたのは79機関だった。

 同日、県庁で開かれた県発達障害者支援地域協議会で示された。