表情豊かな作品が並ぶ写真展と伊藤さん。右後方は田沼さんの作品

 【大田原】市本庁舎のグランドオープン記念写真展「都会人が撮り続けた大田原の歳時記」が14日まで、本庁舎8階展望ロビーで開かれている。市内の祭事や人々の生き生きとした表情を東京都内在住の写真家伊藤陽(いとうあきら)さん(87)が3年間撮りためた70点が並ぶ。写真分野で初の文化勲章を受章したばかりの元日本写真家協会会長、田沼武能(たぬまたけよし)さん(90)の友情出展作品4点も見どころだ。

 伊藤さんは元あさひ銀行副頭取で元ペンタックスコーポレーション監査役。スウェーデン製カメラ「ハッセルブラッド」の愛好家によるハッセルブラッドフォトクラブの会長を務める。