佐野日大-佐野準決勝 前半13分、佐野日大のフランカー町田がトライを決める=県総合運動公園

佐野日大-佐野準決勝 前半11分、佐野日大のWTB石井(右から2人目)がトライを決める=県総合運動公園

国学栃木-宇工準決勝 後半6分、国学栃木のWTB木村がトライを決める=県総合運動公園

佐野日大-佐野準決勝 前半13分、佐野日大のフランカー町田がトライを決める=県総合運動公園 佐野日大-佐野準決勝 前半11分、佐野日大のWTB石井(右から2人目)がトライを決める=県総合運動公園 国学栃木-宇工準決勝 後半6分、国学栃木のWTB木村がトライを決める=県総合運動公園

 第99回全国高校ラグビーフットボール大会県予選第2日は3日、県総合運動公園ラグビー場で準決勝2試合を行い、国学栃木と佐野日大が決勝へ駒を進めた。

 20連覇を狙う国学栃木は132-15で宇工を圧倒。序盤から攻勢を見せ、前半を55-10で折り返すと、メンバーの大幅な変更で1年生主体となった後半も計11トライを奪って突き放した。佐野日大は108-0で佐野に完封勝ち。FB榎本竜平(えのもとりょうへい)を中心とした堅守からリズムをつくり、計16トライを挙げた。

 国学栃木と佐野日大が決勝で顔を合わせるのは7年連続。決勝は10日午後1時から、佐野市運動公園陸上競技場で行われる。