宣言書を手にする渡辺市長(中央)ら

 【那須塩原】地域ぐるみで子どもたちを見守る意識の向上を図ろうと、市、市議会、市教委、市自治会長連絡協議会、市コミュニティ連絡協議会の5者はこのほど、市役所本庁舎で「子どもを見守るまち宣言」の宣言式を行った。

 宣言は、地域や行政が「登下校時の子どもの見守りを推進します」「子どもを見守る意識を高めます」「子どもの見守りの輪を広げます」の三つ。各団体が宣言を周知し、市民に日常生活の中で子どもたちに目を向ける「ながら見守り」の実践を呼び掛ける。市教委によると、自治体などが共同でこの種の宣言を行うのは県内初という。